FC2ブログ

クロオバ8 かわいそうな人たち

03 02, 2012 | Posted in 雑記

0 Comments


久しぶりのクロスオーバーだよ!
今日は分岐ルート(相棒編)を進めます。
道~モラキアの夜撃破まで。

※クロスオーバー、及び関連作品のネタバレをさいたまさいたま!!

主人公と別れ、一人になってしまった相棒。
なんとか主人公を探そうとするも、情報は無し。
よその町に行こうとしても、運悪く国家謀反グループがいるとかで、通行止め状態でした。
ここまですべて独り言で説明してくれる相棒さん。寂しい人だ親切!!!
ところでここ「彼」って言ってるけど女性だよね ミスなのかわざとなのか。
ああ性別無しって事もありうるのか・・・。

が、ここでそんな寂しい相棒に忍び寄る怪しい影が・・・



この誘拐犯すごく正直!!
エディタもないので、さっくりやられてしまいます。
「ネームレスなら研究にうってつけ」な事を言われて驚きつつも、それを知る必要はないとつれないお言葉。

哀れ相棒、彼の旅はここで終わってしまうのか・・・!



そんなことはなかったぜ。

駆けつけてきたのはさいたま市警なる人たち。
彼らの登場に、警備員はあっさり諦めて逃走します。
立ち上がってなんとか市警の人達と会話はするも、すぐに倒れてしまう相棒。
このシーンの相棒マジヒロイン・・・。




目覚めれば医務室。
改めて自己紹介を済ませ、お互いのことについて説明します。
相棒を助けてくれたのは、「さいたまなRPG」の主人公、
さいたま市警隊員のモラストルと擬古之介でした。
さいたま市警ってなに?という質問に言葉を詰まらせてますが さいたま市警 立派だと思うよ・・・ちょっと上司がアレだけど!(

マリスについて何かを知っているモラストルと擬古乃介。
マリスもいよいよメジャーに 色んなところに迷惑かけるようになったんですね・・・
相棒はさいたま市警の司令官に面会することになります。



さいたまー!!!!
これドットの都合とかでなく ちゃんとこの格好をしたまま静止してるらしいです。
このさいたま、真のさいたまや・・・。

さいたま曰く、この世界にいる国家謀反グループは、マリスの力で人体を強化する研究をしていて、そのために一般人を誘拐しまくってるらしいです。
・・・なんかマリスの地位どんどん落ちてるよね。willの世界では権力者を傀儡にしていたというのに、ここのマリスときたら固有名詞すらないし・・・

謀反グループは愛生会病院の残党であるらしいです。さいたまなRPGの敵組織ですよね?九鬼市までしかやってないのよ。
気になるのがこの愛生会がどうやってマリスの力を手に入れたか、ですが、
これはどうも主人公と相棒が巻き込まれた穴が関係しているらしいです。山奥つってたしね。
怪しいニオイがぷんぷんするよ!!

一帯を更地にしてしまうほどの穴に巻き込まれて、無事な相棒に疑念を抱く擬古之介。
この辺結局本編で答えは出たんでしたっけ・・・?
ネームレス=存在があやふやだからこそ、無事だった・・・とか そんなんじゃないかと今思ってます。




ここでさいたまに連絡が。
愛生会の本拠地が見つかったそうです。そんな重要な報告にこんな軽い調子で対応しちゃうさいたますごい。
そして同じく軽い調子でモラストルと擬古之介に、早速行ってあいつらをあぼーんさせてきてよ と命令しちゃうさいたまマジ大物
相棒も同行することに。

支給品は遠慮なく頂いておきましょう。
中身はニラ茶sが3つ、1000ぺリカ、十万石饅頭、うまい棒5個、うまい棒S3個、アロエリーナ
ダンジョン内もなのですが、このルートは宝箱が多めでうれしい。

さいたま市街には武器防具屋があるので、ネームレスが碌な装備を持ってないのなら買ってあげましょう。
今回はハンマーとキルトジャケットを購入しました。



森は広めで、分かれ道が多めです。行き止まりの奥には大抵宝箱があるので、見つければ開けていきましょうー。わざわざ引き返して探すほどのものは多分ないです。
敵はさいたまなRPGの敵キャラの他にモナガニ(will)噛付亀(鬼斬り)などが出てきます。
堅めのものが多いですが、ハンマー装備ネームレスならだいじょうぶ。あと時々敵をよろめかせるのでなかなか便利です。
特にDOMは体感ですがよくよろめくので、積極的に叩きにいきましょうー

回復はアイテム節約のためモラストルのマターリ光線をメインに、どうしても追いつかないときのみネームレスにアイテムを使わせました。
モラストルは常に攻撃でMPを溜めると、雑魚戦ならそう困ることもないんじゃないかと思います。
実際、今回のプレイでは金の小人に出会うまで、マターリ光線以外の回復手段は使いませんでした。

ここにいる小人のセリフは
「カネとモノ、両者を天秤にかけモノが重ければ得をして、カネが重くても得する。商売の矛盾は時に目に見えぬ」
えーと つまりwin&winの関係ってこと?



奥に進むと怪しい演技くさい人が。
モラキアの夜だそうです。なんだかくどくど言ってくれますが、要は
「ほっとくつもりだったけどマリスが出てきて面白そうになったから出てきた」ってことだね。
彼はモラストル、擬古之介のことを知ってるようですが、当の二人は覚えてないらしく、障害物扱い。
微妙にかわいそうなモラキアの夜ですが、へこたれずにノリノリに襲い掛かってきます。
命に保険はかけたかね?

で、この人印象薄かったらしい割に強いです。
単体、全体問わずどの攻撃でも100近い被ダメージになる上、
一番威力の低い技「吸血」でも、被ダメージは60前後。
ここでのネームレスの最大HPが230ほどなので、彼はプレイヤーが油断するたびに倒れることに。

HPがある程度減るとさらに強力な攻撃を繰り出してくるようになります。大変!
一部の技の名前が略されていたりと、ところどころ不憫なのにこの強さ・・・!!
回せ回せ回せ回せ回せ(ry

三度全滅して、最終的にネームレスの回復を諦めることでなんとか倒せました。
序盤は擬古之介の(゚Д゚)ゴルァ!!で攻撃力アップ、モラストルのやめてやれよ!で敵の敏捷ダウン。
擬古之介はMPが切れた時点で強化を終えて、あとはひたすら攻撃+MPが溜まればギコブルーフラッシュで攻撃。
モラストルは限界まで敏捷を下げた後、通常攻撃。
マターリ光線はあぼーん治療効果がおいしいので、擬古之介が倒れたときのためにできるだけ温存していました。
回復はうまい棒Sで。資金に余裕があればGも用意しておきたい。
うまい棒Sが20本、Gが5本あればとりあえず、なんとかなるとは思います。
今回使ったのはS14本、G1本でしたので。

倒された後、「結局なんだったんだ」で済まされるモラキアの夜か、
気絶状態のまま戦闘中放置されたネームレスか、
本当にかわいそうなのはどっちだったんでしょうね。

というわけで、今日はここまで。

・現在のメンバー
ネームレス/Lv15
モラストル/Lv14
擬古之介/Lv14


ネームレスも強くなっては居る・・・はず・・・なんですが・・・

« クロオバ9 更にかわいそうな人たち アンディ回 »

0 Comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

フユキ

Author:フユキ
亀の歩み。

最近の記事
タグ
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ