FC2ブログ

「さよなら、モナーRPG」プレイ日記6

01 29, 2013 | Posted in 他作品

0 Comments
「さよなら、モナーRPG」プレイ日記ですー。
今日は第六回目。
マギア・コースター~大分岐点までですよー

01 オープニング
02 クリームヘイト遊園地跡~ムシクイ図書館
03 暴れ木馬回廊~リンゴ坂学園
04 リンゴ坂学園~永劫夢氷宮
05 イブシギン王国~グリーングラス大平原

さて、首尾よく勇者を退けてドラゴンハートを手に入れた救世主一行ですが、
現在レベルは11、お城から行ける嵐の遊び場の推奨レベルは14。
嵐の遊び場から塔の下層に行けるはずなのですが、
無理はあんまりしたくないので、一旦遊園地跡に戻って、西側に向かうことにします。



マギア・コースターは、レールの上を滑ったり大砲に飛ばされたりして進む
アトラクションめいたダンジョンです。
BGMのせいか大砲のせいか、ピンクの丸い生き物を思い出す・・・。

敵はかなり弱いので、楽に進めます。
アイテムの回収も忘れずに。



大砲からゴースト廃ビルへ。
戻りたくなればすぐにマギア・コースターの入り口まで戻れる親切設計!



ゴースト廃ビル、推奨レベルは4。
ぶっちゃけこちらも楽勝です。
呪われたビルをそのまま利用した新感覚アトラクション…という触れ込みですが、
アトラクションにしてはおどろおどろし過ぎると思います。
呪われたのを放置してアトラクションと銘打ってるだけのようにも見える
当局は怖くて救助に向かえません、とかちゃっかり書いてあります。
・・・当局ってどこ?
クリームヘイト・・・はあれ遊園地跡なんですよね、跡でも管理してる団体がある?



一度進むと、扉が閉じてしまって後戻りできなくなる仕様。
でも敵弱いし、あんまり脅威には感じないなあ。
敵は全て物理攻撃が効きにくくはあるのですが、魔法攻撃なら一撃で倒せてしまいますし。
プレイ開始からいきなり西側に来てたらまた違ったのかもしれません。

分岐点はいくつかあり、単純にスカのルートはもちろん、アイテムが回収できるルートもあります。
魔のマギ、カラスの儀式杖、タンポポの剣といった装備品に加え、消費アイテムもたっぷりと。
ありがたく全て頂いてから抜けましょー。
オバケ屋敷であろうとも、拾えるものは拾う。図太い救世主です。



廃ビルを抜けると、オフィス街に到着します。
スナグワ・コンクリート。
入り口にネットユーザーがいますが、
塔の住民達がどのように繁殖するかとか、世界観について発言しています。
子供や学生はいたけど・・・明確に親子みたいなキャラクターはいなかったような。
こういう発言があると仕組みが気になり出しますねぇ。

ここにいる人たちは時間に追われて仕事に縛られ働いていると言います。
ブラック企業戦士の街か・・・!



この街には動力源のひとつ、アカシアの鐘時計があります。
決して狂わない時計であり、鐘の音は住民の心を癒す効果があるのだとか。
・・・そんな鐘時計があっても鬱っぽい人のいるスナグワ・コンクリート。
奪ってしまったらどうなるのか、知りたい気もしますが、今は取りにはいけません。
受付嬢に追い返されてしまうので、ここは大人しく諦めて、ほかから先に回ります。

街を歩いている人達からは、街の南の方には技術研があることと、
その技術研のバイトになれば鐘時計のあるオフィスビルに入れると教えてもらえます。



また、もう一つの動力源の話も聞けます。
パワフルなお酒。動力になるお酒って・・・
工業用アルコールじゃ・・・ないよね、流石に飲めないし。



話に聞いた技術研はいかにも禍々しい感じ。
お酒を作るための原料となる「血肉草」を3つ持って来るよう、無理やり決めつけられてしまいます。
更に技術研アルバイトの肩書きも押し付けられ もらえます。
これでオフィスビルに入れる・・・

のですが、鐘時計とったらお酒が手に入らなくなるニオイがプンプンするので
ひとまず鐘時計は後回し。

さて、集めて来いと言われた血肉草ですが。



既に二つ持ってるんですよね!
一つはグリーングラス大平原リュウノエサバで逃げ惑いつつ拾ったと思うのですが
もう1つはどこで手に入れたのだっけ…?
よく思い出せないんですが、とりあえず拾ってるので良しとしましょう。
血肉草をもう1つ手に入れたらここに戻ってくることにしましょう そうしましょう。

技術研では、戦闘中に使える攻撃アイテムやステータス上昇アイテム、
更にグランエリクシアまで売ってくれます。高いけど。
今のところ不足を感じたことはないので、買い物はしません。
救世主一行は財布の紐も固いのでした。



とりあえず先に進みます。
技術研から進める先は、
スナグワ・コンクリートの労働者に食品を提供するための工場区域・・・らしいのですが
なんかすごく不穏な雰囲気が漂ってます。
社会の脱落者を食品にしてるって・・・



山積みになってる缶詰は一度だけ食べられます。
赤黒くて奇妙な味がする不気味な缶詰ですが、栄養は満点らしく、
パーティ全員の最大HPが10UPという素晴らしい効果が。
食べました。ええ食べました。そしてフォーチュンに勇気ありますねと言われました。
彼は・・・食べなかったんでしょうね。ですよね。


さて工場内部。
ベルトコンベアで缶詰が作られていく経過を、逆向きに辿ることができます。
肉から缶詰へ、



生肉から焼いた肉へ



でもって・・・



・・・・・・。

わかってはいたけど!いたけど!!

なお、ここに出てくる敵は死に物狂いで襲い掛かってきたり、苦しんでいたり、逃げ出したりと
必死さが伺えます。
ですよねー 缶詰にされて食べられてしまう寸前だもんねー
むしろ救世主一行も食べちゃいましたしねー
・・・実にグロい演出です。

弱肉強食という世の摂理を噛み締めつつ、生産ラインを抜ける救世主達でありました。



辿り着いた先は大分岐点。
ここから、最下層エリアとソメイ水郷へ行くことができます。

ちょうどセーブポイントもありますので、本日はここまで!
次回に続くー

« 「さよなら、モナーRPG」プレイ日記7 「さよなら、モナーRPG」プレイ日記5 »

0 Comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

フユキ

Author:フユキ
亀の歩み。

最近の記事
タグ
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ