FC2ブログ

「さよなら、モナーRPG」プレイ日記12

02 04, 2013 | Posted in 他作品

0 Comments
十二回目、「さよなら、モナーRPG」プレイ日記です。
今回は幕引きの魔王撃破まで。

※大量のネタバレがありますよー。


01 オープニング
02 クリームヘイト遊園地跡~ムシクイ図書館
03 暴れ木馬回廊~リンゴ坂学園
04 リンゴ坂学園~永劫夢氷宮
05 イブシギン王国~グリーングラス大平原
06 マギア・コースター~大分岐点
07 大分岐点~ヤマブキ展望台
08 アクアリウム~海底魔城
09 酩酊シンドローム入手
10 天空非情階段
11 最下層監獄


さぁ、意味もなく動力源を全て手に入れたところで、
いよいよセントラルエレベーターに向かいましょう!
幕引きの魔王との決戦の気配!



最上階でツァル達を待ち受ける幕引きの魔王。
この場所って、オープニングでグラスダンサーに襲われた場所ですね。

が、様子がおかしい。
魔王の周りに、謎の物体が現れます。



誰かが何かを話しかけてくる。
そして・・・



謎の物体の体当たりにより、魔王は「頭のなかに映像が」</strong>と言った後、こんな感じに。
レベルドレインなんてできない、所詮自分も見世物、と叫び・・・

それでも、ツァルと戦うことについては変わらないらしい。
何か真相らしき事を教えられたのかなあ・・・。
しかし見世物 見世物・・・うーん?



そして救世主側。
様子のおかしいフォーチュンに話しかけることができます。
ここは「どうしたの?」をチョイス。なんでもない、と軽く流されてしまいます。
・・・こういう時って絶対なんかあるんだよなあ。
しかし進まねばなりません。
大砲に入り、いざエレベーターホールへ。



真ん中の三角がスイッチになってるようです。
・・・ですが、ここで1つ疑問が。



レベルドレイン対策ができてないんですよね。
また記憶消されて戻されてしまえば困ると思うんですが・・・
こっちを質問してみたのですが、フォーチュンはもう対策はできてるので大丈夫、という軽い返事。
いつの間に・・・?
一時的にレベルを下げられることはあるだろうから注意、とは言ってきますが
いつの間にそこまで弱体化したんだ魔王・・・
いやでも、最初からレベルドレインなんてできなかったとも言うし・・・?



なーんて喋ってると、魔王が登場してしまいます。
あれー、動力源せっかく集めたのにここまで来たの・・・?
意味ないやん!動力源意味ないやん!!!

・・・という突っ込みも霞むこの魔王の勢い。
信念も生き様も全て、「上の奴ら」を喜ばせるオカズでしかない、と言ってきます。
そして集まってくるネットユーザー。
「これだけがアタシの存在意義」という発言・・・
ネットユーザーのために作られた、人工的な箱庭ということ?

そして戦闘に。



VS幕引きの魔王。
爆発属性の魔法と、連続攻撃と薙ぎ払いによる全体攻撃がメインの攻撃手段。
魔法にはプロードバリア(ネージュが覚えてました)、
連続攻撃と薙ぎ払いにはディフェンシブ(こちらはモンブラン)で対抗します。
ディフェンシブ二回かけておくと、ダメージが丁度いいかんじに減ります。
ときどき爆発弱点を付加してきたりもしますので、適宜、プロードバリアをかけ直しましょう。
これといった弱点も(多分)ないので、地道に攻撃していきます。

デミ・レベルドレインですが、「常闇の星」での全異常防止でしか対抗できません。
治療のヒカリでも治せませんが、エリクシールなら治すこともできるっぽいです、が、
一人くらいなら、アイテム使ってまで治す必要のある異常でもなかったりします。
ステータス下降幅がそこまででもないような気がするんですよねー。
しばらく待てば治るので、自然治癒を待つのも手。
プロードバリアやディフェンシブを上手く活用できていれば、大して障害にならない感じがしました。

ある程度HPを減らすと分身を作り出し、二回行動をするようになります。
この分身「幕引きのデコイ」は攻撃しても全く意味がないので、大人しく本体を攻撃します。
二回行動するとはいえ、やることは変わりないのでプロードバリアと回復を切らさずに。

レベルさえ上げていれば、そんなに苦労はしない敵かなーと思います。
全員レベル17で、かなり余裕をもって倒せました。



で、勝つと。
ゲームキーパーがいる・・・?
やっぱりこの戦い、いや冒険自体、「ゲーム」として仕組まれていた?



魔王は一人、塔の上まで移動し、ネットユーザーの注目を集める中・・・



グチャッ

地上は大混乱に陥ります。
ここでまた、選択肢会話。「何が起こってるの?」と「騒動を鎮めなきゃ」の二種類から、
「騒動を鎮めなきゃ!」を選択。
が、フォーチュンはその必要はないとバッサリ。
どういうことだ・・・?
もしやフォーチュンが黒幕?



ひとり訳知り顔のフォーチュン。
ていうか今「最期」って。「最後」じゃなく「最」って言いましたよね?



ここで更に選択肢。
「意味がわからない」を選択しますが、フォーチュンは今回に限って何も説明してくれません。
最上階は幕引きの魔王のテリトリーじゃないの?
救世主側がのんびり休んでいられるような場所なのだろうか。
そもそもこの上は魔王のテリトリーですらなかった・・・?



フォーチュンは何かやりたい事があるらしい。
幕引きの魔王や、もしかしたらツァル達も利用して?<strong>
ネットユーザーの関心を集めて、フォーチュンがやりたい事・・・?




モナーRPGとな?
なんだか話がゲームの枠を越えてきましたよ。
フォーチュンって何者なんだ。

これ以上何も説明せず、金色の蝶に姿を変えて、ツァルの前から姿を消すフォーチュン。



そして無情に響くアナウンス。
塔の最終制圧を始めるので、塔にいる人は大人しく蹂躙されるように・・・と。
塔を救うことはできず、皆殺されてしまうって事なのでしょうか?

ここでセーブポイント。
いよいよ物語もラストスパートです。
ツァルは、塔はどうなるのか!
次回に続く!

« 「さよなら、モナーRPG」プレイ日記13 「さよなら、モナーRPG」プレイ日記11 »

0 Comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

フユキ

Author:フユキ
亀の歩み。

最近の記事
タグ
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ