FC2ブログ

クロオバ20 ギータ君かわいそう

02 18, 2013 | Posted in 雑記

2 Comments
クロスオーバーやりますよー!
今日は味皇グランプリのボス撃破まで。

※クロスオーバーリレーおよび関連作品のネタバレを含みます。

01 OP~白き静寂の世界
02 ベーシックシティ~追憶の塔
03 1000取り合戦の島~マリスザメ撃破
04 マリスザメ撃破後~タコ部屋島
05 男子便所~八頭身と合流
06 カジノ突入
07 産廃処理場~無人の村
08 相棒ルート前半(~モラキア撃破)
09 相棒ルート後半(病院突入~)
10 主人公ルート前半(~魔王城)

11 主人公ルート後半(魔王城~)
12 休憩所~三馬鹿撃破
13 ディガルツ戦~森
14 森~ゾンビチトルト村
15 ゾンビチトルト村~人形と時計の館中庭
16 人形と時計の館~ノエゴールド撃破
17 フェミン撃破
18 出港~バレンタイン城下町
19 荒地~塔





町に戻ると、純なる油の供給が再開したり、売り物のラインナップが変わってたりという変化があります。
料理対決ももうすぐ始まるらしく、酒場には人がいなくなっていたりも。
モナムソンもこんな事言ってるので、お城の方に行きましょう。

やけにテンション高い兵士に話しかけると会場に移動することができます。



会場にいるしぃ子の姿に驚きを隠せないチビネームレス。
捕まえる?という話になりますが、しぃ子が何をしようとしてるか見届けてから、という事になります。



なお出場者は二人だけ。
あれだけ盛大にお触れを出していたのに出場者がたった二人なんて
ナルシー ギータ王子・・・(;∀;)

テンション高い司会のもと、華々しく開幕する味皇グランプリですが・・・



うわぁ。



しぃ子さん、それ、カレー粉なんじゃないの・・・?



やばい。
食欲無くす三人とは対照的に、一人マイペースなモナムソンでありました。

レモナの方はわかりませんが、ここでしぃ子が使った材料は
カレー粉、カルピス、きのこ。どう考えても失敗ルートじゃないか・・・。



ますますびっくりのチビネームレス。
この人、人を見る目がなかったのかなあ・・・もしくはしぃ子の欠片がダメすぎた?



原作では何を混ぜても一度は口に入れてくれる心の広いギータ君ですが、
こちらではバッサリと拒否ってくださいます。正常な反応だ。



が、拒否られたしぃ子の様子がおかしい。

この辺の話、やっぱり愛とかそういう感じのを指している?
ネームレスは愛によって自分を取り戻せる・・・?
それとも、元ネームレスが大切にしていた物とか、成仏(?)できない原因になってる未練とかが、
このネームレスの場合は恋愛感情だったとか?



「わたしなんていらない」と絶望したしぃ子は、あの白い爆発を起こして、
なんとマリスになってしまいます。
ソウルジェム・・・



狼狽するチビネームレス君。

ゴキブリ呼ばわりはもちろん酷いんですが、
追剥やモダーを雇って邪魔者を退けたり、この絶望っぷりを見るに、
しぃ子ネームレスは今回のチャンスに賭けてたのかなあ。

マリスはマリスだ、ということで、主人公と相棒はあのマリスを倒しにいくことに。
タカラも一緒に戦ってくれます。

この辺の主人公勢順応性高いなあ・・・
今までの話で、絶望したネームレスがマリスになるって展開はなかったし、ここが初めてのはずなのに。
・・・なかったよね?



モナムソンは試作品の炸裂弾をくれます。
また、「存在が確立しきっていないから、何らかの方法で能力を半減させられるかも」とヒントもくれます。
とはいえ何を使えばいいんだ・・・?

金の小人もおり、買い物と回復ができます。
台詞は「こんな状態でも商売はやめないぞ。それが俺のレーゾンデートルだ」
絶望したしぃ子の台詞に微妙に対応。



なんというヴァレンタインの悪夢・・・
余談ですがしぃ子やレモナ、この魔人の出展作品は第二回バレンタインモナーRPG祭に集中してます。
作品一覧の華麗な三段オチは一見の価値有り。

対ヴァレンタインの魔人。
毎ターン波動砲で全員に100の固定ダメージを与えてきます。脅威。
ある程度戦うとモナムソンが参戦してくれますので、結構早く戦闘は終わります。
今回は回復が追いつかず、モナムソンとウォーの攻撃力に任せて逃げ切った感じでした。
弱化については結局よくわからず。まあいっか☆



こちらもまた非常にさりげなく手に入る頑丈な包み紙。
今度は会話で手に入ったとか言わないので、見落として「いつのまに!?」となってた人もいたんじゃないかな!私とか!
ここで手に入ってたんだなー初プレイ時は気付かなかったよ。



倒されたマリスは大爆発を起こします。
生まれるのも派手なら死ぬのも派手だな!



気がつけば宿屋。
チビネームレスの姿はありません。
記憶にあるなら、死んだわけではないはず。どこか遠くに吹き飛ばされたのかなあ。
次元の穴に吸い込まれたのだろうか。あの時空いたかは不明ですが。



ネームレスはマリスになる可能性を秘めている・・・と。
ところでこのモナムソンの話では、ネームレスは全員が正体を探しているような言い方ですが
八頭身ネームレスはどうだったんでしょ。
あの人は記憶を探すつもりはないと言ってましたが・・・
「見つかればいいなー」位の軽い感じででも、一応自分の正体を探すつもりはあったとか?



また、以前に同化する事で記憶を取り戻せた2つのマリスは、
ネームレスになる以前に知り合いだったかも、という事もわかります。
知り合い同士で共にネームレスになった挙句その片方がマリス化ってすごい確率じゃないのかなあ。
何かの災害か何かで、その場にいた人が一気にネームレスになったとかだと有り得そうですが・・・
マリスがどうやって生まれるかはここでわかりましたが
ネームレスがどうやって生まれるのかはまだまだ謎なんですね。

「正体を知ることを絶対に諦めちゃダメだ」と応援してくれるモナムソン。
返答は4つの中から選べますが、どれを選んでも同じのようです。



イベント後に話しかけると、モナムソンはすぐに爆弾を作ってくれます。
時間はかかりましたが、これでやっと次の島に行ける!

キリの良いところで、続きは次回です!

現在のメンバー
主人公/Lv24
相棒/Lv25

« クロオバ21 役立たずがいっぱい クロオバ19 油の塔へ »

2 Comments

02 18, 2013
edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
フユキ
02 19, 2013
URL [ edit ]
直球・・・もしやステータス半減の状態異常にかかりやすいとかそういうアレでしょうか
毎度毎度、難しく考えてしまって!

コメントありがとございます!
気がついたら半年ぶりくらいになっててびっくりしました。
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

フユキ

Author:フユキ
亀の歩み。

最近の記事
タグ
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ