FC2ブログ

クロオバ24 天使の大安売り

02 22, 2013 | Posted in 他作品

0 Comments
今日も今日とてクロスオーバーだよー
ギコエル世界をすすめます。
※クロスオーバーリレー、関連作品のネタバレを含みます

01 OP~白き静寂の世界
02 ベーシックシティ~追憶の塔
03 1000取り合戦の島~マリスザメ撃破
04 マリスザメ撃破後~タコ部屋島
05 男子便所~八頭身と合流
06 カジノ突入
07 産廃処理場~無人の村
08 相棒ルート前半(~モラキア撃破)
09 相棒ルート後半(病院突入~)
10 主人公ルート前半(~魔王城)

11 主人公ルート後半(魔王城~)
12 休憩所~三馬鹿撃破
13 ディガルツ戦~森
14 森~ゾンビチトルト村
15 ゾンビチトルト村~人形と時計の館中庭
16 人形と時計の館~ノエゴールド撃破
17 フェミン撃破
18 出港~バレンタイン城下町
19 荒地~塔
20 味皇グランプリ~魔人撃破

21 出港~塔クリア
22 天使のいる村~改造AA戦
23 森~ギコエルの世界



飛ばされた先は、のどかなBGM流れる場所。
ここでは赤ボンモナーと会えます。このひとも飛ばされてきたのね・・・
この先にいる敵の情報も貰えます。
敵を倒すまで携帯ゲームして待ってるとか、なんとも俗っぽいお人。



中は図書館。なーんか見覚えあるなあ・・・
にしてもシゲエルさんったら、
(多分)欠片も無しに、天使系AAになら何にでも変身できて、その上で変身した対象の世界を創りだすことができるって、
ネームレス並、もしくはそれ以上に便利な能力ですなあ。
引きこもりにうってつけ。

ここに出てくるザコ敵ケツァールは、ディガルツの通常攻撃が非常によく効きます。
風属性に弱いっぽい。



左の方に進むと、金の小人がいます。読書してたの?
所々に宝箱がありますので拾っていきましょー



この奥にも宝箱があります。見落としやすい位置。
手に入るのはおもちゃの水鉄砲と、禁術書AA大辞典。
禁術書の宝箱は開けると戦闘があるので、回復してから開けること。
この禁術書って何に使うんだっけ。欠片強化だったような・・・?



と思ってやってみたら、ワタールの強化でした。
ついでにsageの水筒でウォーも強化。
紫色のチョコレートの汚染除去もしてなかった事も思い出しました。
が、これをかじるにはネームレス状態にならなきゃいけないのでまた後で。
って言ってる内にまた忘れそうですね・・・




奥にいるのは罪負いし聖女、シイモーネ。・・・に変身したシゲエル。
原作そのままの台詞にタロットが随時ツッコミを入れてくれるので、非常に面白い事になります。
フロイトに変身してても特に台詞が増えたりとかはない。残念。

シイモーネは強力な魔法を連発する強敵。
普通にこのままのパーティ(アソパソ、ディガルツ)で挑んだら魔法ですぐ全滅させられました。
流石はシイモーネ様・・・。

が、やはり偽物というべきか、死ぬまで全力で戦ってくるシイモーネと違い、
ある程度ダメージを与えると逃走し、再びワープさせられます。
情けない、情けないぞシゲエル!!

ちなみに今回はジャスティスとフロイトにして、全体回復と精神下降、
あとウィークメイクとゲスト二人の技を駆使してなんとか勝利しました。
魔法怖い魔法怖い。



次はたぶんABONのマップ。
先に進む前に、右下のワープゾーンに寄って、天使銃を拾っておきます。
これは5回しか使えないものの、非常に強い攻撃ができるアイテム。
天使銃の宝箱から出てくるDOMトルーパーは、
戦闘開始すぐにスク水を着て物理耐性を上げてきます。魔法で戦いましょう。
・・・スク水こわいな・・・


また、金の小人もいます。
本日のお言葉は
「機会の血液はブレーキオイル・・・、そして、世界の血液は金だ」

え、魔晄エネルギーじゃないの?



奥ではまたまたボンバーマンに遭遇。
この人は天使から逃げてきて、追いかけられないよう道を塞いだようです。安定したヘタレです。
ボンバーマンはこんなのばっかりなのか・・・

別れ際にやたら大きい態度で導火線を貰えます。
そういえばモナムソンに作ってもらった爆弾、使ってなかったんですね。
せっかく材料集めたのになんという無駄骨・・・。
台詞では爆弾のためと言ってますが、これは白ボンモナーに変身できる欠片です。
モナムソンの爆弾が使えるんだとちょっと期待したじゃないか・・・



次なる敵はABONの強敵、ハイエンジェル。に化けた以下略。
ゲストコンビが解説役になってるのでABON未プレイの方も安心。

ハイエンジェルは多くの物理攻撃に耐性を持つ敵ですが、
さっき手に入った天使銃で結構なダメージを与えられるので、上手く使って戦いましょうー。
毒が怖い「大熱派」ですが、防御する猶予があります。
見逃さないように注意!



勝つとまた逃げられ、ワープさせられます。
次なる行き先は最下層・・・らしいのですが



カオス空間。
下の方には四国の地図が見えますよ。



そして先には黒ボンモナー。
ボンバーマンの中で唯一腰が低い人。
へたれなのは変わらないのに、口調とあの虚勢がないだけでかなり良い人に見える・・・。

先に進んでいくと金の小人がいます。
今回の台詞は
「少しの金は希望の光として絶望の闇を照らすが、
 多くの金が生み出す巨大な闇もまた、あるものだ。
 金を光と成すも闇と成すも使う者次第だろうがな・・・」
珍しく台詞の長い金の小人です。

宝箱もあり、ここでは戦闘の後、セネルドの書が手に入ります。
こちらはアヒャックの強化アイテム。



奥でいよいよシゲエルを追い詰める事ができます。



すごい背景だ。

そういやこないだ松崎しげるの色黒ネタやってたなあ。テレビで。
化粧道具ってすごいなー黒い黒いーと笑ってたんですが、2chにスレ立っててびっくりした。



またまた新しいマリスが出て来ましたよ。
偽装のマリス。シゲエルに変身能力や自分の世界を作る能力を授けた元凶のようです。
シゲエルは高位存在「天使」なれる私に比べればーと主人公勢をめっちゃ見下してくれるんですが、
なんだ借り物の力か・・・。

ともかく、いよいよ因縁の敵、天使シゲエルとの最後の戦いです。
なんだか聞き覚えあるBGMだなーと思ったらそうかエストポリス伝記か…!



戦闘には、途中から黒ボンモナーが参戦してくれます。
定期的に後方から爆弾を投げて、結構多めのダメージを与えてくれます。
とても心強いです。
一番腰が低いキャラが一番役に立つっていいよね!燃えるよね!

なお、一回目の挑戦ではダークエターニティであえなく全滅しました。
二回目、ジャスティスとディガルツで挑むとかなり楽になったよ!

ジャスティスは稲妻を纏った攻撃に耐性を持つ上、通常攻撃がシゲエルの弱点となるのでかなりの戦力に。
あと、ダークエターニティの次ターンはシンフォニーかけると、後がとても楽になります。
ディガルツは闇属性の攻撃に耐性があるので、ダークエターニティに耐えやすいです。



勝つとマリスは消滅し、シゲエルは今までの暴れっぷりが嘘のように大人しくなります。
これが本来の性格だったのかなあ。
ブラックホールによって孤独から解放され、マリスから力を受けて。
この人も世界の歪みの被害者なのかもしれません。
天使がマリスの中で、狂ったんだ。きっと。

「マリスを制御下に追いた数少ない存在」という台詞がありますが
以前マリスの力を利用してたスーパー☆スターも、最後にはぞぬバトラーから放り出されてたなあ。
完全に最後まで能力を使えたのは今のところシゲエルだけだったのですね。
操られたのと区別がつかないくらいはっちゃけてましたが・・・

大人しくなったシゲエルは、自分を閉じ込めるように言ってきます。
あの時の葡萄がまさかここで役立つとは。



そして去っていく主人公たち。
が・・・



静かに最期を迎えることはできないようです。
冥王ギコラルドさまだー!

この人、今でも権力があるっぽい振る舞いをしてますが、
willの世界 とかじゃなく、クロオバの舞台的な意味でのdatの世界を管理してるということ・・・?
哀れシゲエルは、ギコラルドに連れて行かれてしまいます。
せっかく反省したのに・・・。


一方主人公たちはそんな事があったとは知らないまま、
出口に向かっておりました。
黒ボンモナーは、駆けつけてきた仲間にさっさと連れてかれてしまった模様。



いつの間に聞いたんだろう。

タロット達はその便利仕様に則り、故郷に戻るといいます。
主人公たちには、帰る場所はないのですが・・・



行く場所ならあるよ!そういえば目指してたなあ

と、いう事で、やっと嘘つきの島に向かいます。
長かったなあ・・・。

そもそもは鮫を退治した後にヒゲ船頭さんと一緒に向かうはずが(この時は行き先言ってなかったけど)
タコ部屋島に押し込められ、やっと脱出できたと思ったらブラックホールに飲み込まれて相棒とも別れ別れになり
合流してエディタ改造しようとしたら子供四人の妨害にあうわ船出しようとしたらジラネーヨが出るわ、
やっとこ船出したら今度は船ごとブラックホールに飲み込まれ
そのまま船頭さん死亡、ジョアル、アヒャックと一緒に悪のネームレス軍団との戦いと怒涛の展開になり
暴走するネームレスをやっとこ倒して船出できたーと思ったら渦のおかげでバレンタインの町に寄り道する事になり
あれこれあって渦をなんとかするぞーと思ったら吹き飛ばされてパズルの塔を登って、
天使を捕まえた村に辿り着いて、そのまま天使との戦いになって現在に至る?
うわあほんとに長い。

本当にやっとなんだなあ・・・。
長い旅だと感慨深くなったところで次回に続く!
ここまでも長かったけどこの先も長い。クロスオーバーはまだまだ続くよ!!

なんだか変身変身でキャラのレベル書く必要をあんまり感じなくない上書くのもちょっと面倒なので
レベル表記はもうやめておこう。

« クロオバ25 俺がモナゴンだ クロオバ23 うさうさモップモップ »

0 Comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
プロフィール

フユキ

Author:フユキ
亀の歩み。

最近の記事
タグ
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ